離婚の意志が固まり、離婚が行える判断材料があれば、スムーズに離婚調停を行うためにも、法律の専門家である弁護士へと依頼するのが一番です。離婚の意思が固まったとしても、相手側が納得していない場合や、慰謝料や財産分与、親権争いが発生し当人同士での話し合いでは離婚が成立しないパターンがあります。こうした時のためにも弁護士に依頼することが安心です。

相手方が離婚に納得していない場合、または離婚自体には合意していても、慰謝料や財産分与、子の親権などで争いがあり、当事者同士の話し合いが困難な場合もあります。

天秤まず、弁護士と依頼する第一のメリットは、弁護士が法律の専門家であり、こうした離婚調停に関する裁判のおこない方を心得ているからです。そして、慰謝料問題に関しても、数々の裁判をこなしてきていますので、経験豊富で心強いこの上ない味方となってくれることでしょう。離婚の一番の問題は、非常にこじれやすいということが挙げられます。

これは、夫婦双方に離婚理由に関する理由が食い違っていたり、双方の意見が真っ向から対立していくということがあります。したがって、個人で離婚調停を行うには非常に荷が重く、長期にわたって裁判を行えば、時間だけではなく金銭も消費していきます。

また、精神的にも非常に苦痛を伴うもので、結婚するときは愛し合い、一生の愛を分かち合うと誓い合ったものの、別れ間際にはお互いの顔をもう2度と見たくないということにもなりかねません。きれいに別れるには、法的にも計画的な段取りが必要です。

 

Pocket

相談そもそも離婚とは、様々な要因が原因となり離婚に発展してゆくものです。また、離婚原因大きな特徴として、同じ男女が離婚したとしても、互いに離婚理由は異なっていたりします。例えば、男性に多い浮気ですが、女性側が浮気を理由に離婚調停したとしても、男性側は出産や育児などで、かまってもらえなくなったことやセックスレスにより、外に異性を求めざるを得なくなったという理由であったりするのです。

したがって、離婚話がよくこじれるのは、こうした男女間の考え方の差から生まれてくるともいわれます。離婚を最初に考える場合、最初は身近な相談相手に離婚の話しを持ち込むことが多いといえます。もちろん、人それぞれですが、親しい友人や親兄弟、また会社の上司や同僚など、本人が比較的話しやすい人に相談するのはごく自然の成り行きと言えるでしょう。

しかし離婚の根本となるものは、夫婦双方の合意のうえでの協議離婚で、相手側に一方的な離婚理由がなければ、簡単に離婚できるものではないのです。だいいち、正当な離婚理由がなく、相手に離婚理由となる落ち度がなければ、話しはこじれるばかりなのです。したがって、離婚の意志が固いのであれば、法律の専門家へ相談するのが一番良いことなのです。

Pocket

育児家庭内離婚の原因として挙げられるのは、男女間の不平等があります。女性が専業主婦であれば、男性が外で働き給与を家庭に入れればほとんど問題が起きることはありません。しかし、近年は夫婦共働きという状況も多くなり、さらに子供が生まれれば、女性は育児や教育にまでかかわることになります。

ここで大事なことは、男性が家庭の家事や掃除洗濯も協力することで、子供と単に遊ぶことは育児や教育には全く関わり合いがないことを、男性側も理解しておかなければなりません。ほかにもギャンブルやセックスレス、性格の不一致によるケンカなども家庭内離婚の原因としてあげられます。家庭外の離婚の原因として、よく挙げられるのは不倫に浮気や浪費で男性がこの大半を占めているといわれています。これは、女性が家事や育児に追われ、男性側がその疎外感から、ほかの女性を求めてしまうことから起こります。

もちろん女性も、こうした不倫や浮気はありますが、いずれにせよ男女間のすれ違いで起こります。また、長く暮らしてきた夫婦といえども、もともとは別々の環境で育ってきたということもあり、両家の親との間のトラブルも家庭内離婚の原因として挙げられるようになってきました。

Pocket

人が一生のうちに、必ず通る最大のイベントは生誕と死去ですが、その間における一大イベントの一つが、結婚ということになります。そして、この結婚生活が順調に行けば子宝に恵まれ、お子さんが生れ家族が形成され、やがては持ち家の一つも建てたいと願うでしょう。

家しかし、元来結婚というものは、環境のまったく違う状況で育ってきた男女が、一つ屋根の下で暮らすということです。当然、性格も考え方も全く異なる二人ですので、互いに妥協点を探り合い二人で協調し合って暮らすことを考えておかなければ、数10年も同じ屋根の下で仲良く暮らすことはできないのです。昭和の時代以前は、結婚は家と家とのきずなを深めるという色合いが濃かったものです。もちろん恋愛結婚などほとんどなく、みな親や親せきが決めた異性と結婚することが当然のごとく行われていました。また、女性の社会的地位も低く、封建的な考えがすべてを左右し、女性たちは生活面だけではなく、全てにおいて我慢を強いられてきたのです。

やがて西洋の文化が入ってきて、男女平等が当たり前の世の中になると、女性も我慢する必要がなくなり、女性から男性に対し、三下り半を突き付けるということも当たり前の世の中になってきました。離婚の原因となるものは、大きく二つに分けられるとされ、一つは家庭内のトラブルが起因として離婚に発展するもの、もう一つは家庭以外の理由が起因となって、離婚のトリガーを引いてしまうことです。

Pocket