離婚の早期解決へ

離婚の意志が固まり、離婚が行える判断材料があれば、スムーズに離婚調停を行うためにも、法律の専門家である弁護士へと依頼するのが一番です。離婚の意思が固まったとしても、相手側が納得していない場合や、慰謝料や財産分与、親権争いが発生し当人同士での話し合いでは離婚が成立しないパターンがあります。こうした時のためにも弁護士に依頼することが安心です。

相手方が離婚に納得していない場合、または離婚自体には合意していても、慰謝料や財産分与、子の親権などで争いがあり、当事者同士の話し合いが困難な場合もあります。

天秤まず、弁護士と依頼する第一のメリットは、弁護士が法律の専門家であり、こうした離婚調停に関する裁判のおこない方を心得ているからです。そして、慰謝料問題に関しても、数々の裁判をこなしてきていますので、経験豊富で心強いこの上ない味方となってくれることでしょう。離婚の一番の問題は、非常にこじれやすいということが挙げられます。

これは、夫婦双方に離婚理由に関する理由が食い違っていたり、双方の意見が真っ向から対立していくということがあります。したがって、個人で離婚調停を行うには非常に荷が重く、長期にわたって裁判を行えば、時間だけではなく金銭も消費していきます。

また、精神的にも非常に苦痛を伴うもので、結婚するときは愛し合い、一生の愛を分かち合うと誓い合ったものの、別れ間際にはお互いの顔をもう2度と見たくないということにもなりかねません。きれいに別れるには、法的にも計画的な段取りが必要です。

 

Pocket

Comments are closed.