離婚の原因

人が一生のうちに、必ず通る最大のイベントは生誕と死去ですが、その間における一大イベントの一つが、結婚ということになります。そして、この結婚生活が順調に行けば子宝に恵まれ、お子さんが生れ家族が形成され、やがては持ち家の一つも建てたいと願うでしょう。

家しかし、元来結婚というものは、環境のまったく違う状況で育ってきた男女が、一つ屋根の下で暮らすということです。当然、性格も考え方も全く異なる二人ですので、互いに妥協点を探り合い二人で協調し合って暮らすことを考えておかなければ、数10年も同じ屋根の下で仲良く暮らすことはできないのです。昭和の時代以前は、結婚は家と家とのきずなを深めるという色合いが濃かったものです。もちろん恋愛結婚などほとんどなく、みな親や親せきが決めた異性と結婚することが当然のごとく行われていました。また、女性の社会的地位も低く、封建的な考えがすべてを左右し、女性たちは生活面だけではなく、全てにおいて我慢を強いられてきたのです。

やがて西洋の文化が入ってきて、男女平等が当たり前の世の中になると、女性も我慢する必要がなくなり、女性から男性に対し、三下り半を突き付けるということも当たり前の世の中になってきました。離婚の原因となるものは、大きく二つに分けられるとされ、一つは家庭内のトラブルが起因として離婚に発展するもの、もう一つは家庭以外の理由が起因となって、離婚のトリガーを引いてしまうことです。

Pocket

Comments are closed.